働くスタッフへのお知らせ

派遣で働くマナー:派遣スタッフは、派遣先企業の社員とは立場が違うものの、それぞれの職場環境や企業風土、業種などに「適した」対応が求められます。派遣におけるマナーを身につけ、その場にふさわしい対応ができるように心がけましょう。



服装:就業先により異なりますので、確認を必ずしましょう!清潔で品のある服装を心がけ、派手なアクセサリーなどは控えましょう。また、Tシャツにジーンズなどのラフな格好を認めている職場であれば、周りの方を参考にして服装を決めましょう。あくまでも仕事に支障のない格好を心がけてください。


時間:ゆとりを持った行動をしましょう!仕事の納期や約束の時間は、派遣スタッフであるかどうかに関わらず、ビジネスにおいては厳守しなければなりません。小さなことのように思われがちですが、小さなことがきっちりできないと大きな仕事は任せられないものです。ご自身はもちろん、派遣会社の信用問題にもかかわってくるので、「ちょっとくらいなら・・・」という甘い気持ちは捨てましょう。


勤怠:体調管理に気をつけましょう!原則は無遅刻・無早退・無欠勤です。日頃の体調管理には十分注意しましょう。また、どうしてもの際は事前に”派遣会社(キャリアプラス管理担当者)”と”派遣先企業の担当者(就業先)”の両方に連絡を入れるのがマナーです。わずか5分の遅刻でも、連絡を入れるのと入れないのではあなたの印象が大きく変わってきます。派遣スタッフである前に「社会人」であることをしっかり認識し、適切な対応を怠らないよう気をつけましょう。


トラブル対応:些細なことでも報告をしましょう!仕事中にどうしても分からないことがあった場合、そのままにしてトラブルに発展したという経験はありませんか?分からない事があれば、周りの人に確認し、最後まで仕事をやり抜くことが大切です。それでもトラブルが起きてしまった場合は、できるだけ早く担当者に状況を報告し、誠意をもってお詫びをしましょう。



守秘義務:必ず守りましょう!派遣スタッフとして働いていれば、派遣先企業の機密情報に触れることも多々出てくると思います。それについて社外で話をしたり、関連する文書やデータを持ち帰ったりすることは原則としてNGです。社員同様、万一の事態を未然に防げるよう日頃から努めましょう。

PAGE TOP